1. TOP>
  2. お知らせ一覧>
  3. エンジンオーバーホール(兵庫)
2017.08.21 | 整備の報告

エンジンオーバーホール(兵庫)

エンジンオイルの消費がひどく、添加剤などでだましだまし乗っていたが覚悟を決めエンジンオーバーホールの依頼を受けました。 お車はNA8Cの前期、走行距離 180000km。 メインはオーバーホールですが、どうせやるなら少しパワーもほしいとの事でしたので、エンジンの仕様としてはロムチューニングの範囲でお話をしました。 ピストンは、NB1のややハイコンプ0.25オーバーサイズを使用。 ボーリングが終わり、ピストンを挿入していきます。

オイルパンは、NB8C後期型用オイルパンバッフルキットを使用して取り付け!!  

シリンダーヘッドはひずみをとるため面研し、ポート段付修正をします。 バルブのすり合わせが終わり、バルブステムシールを取り付けた後、バルブ・バルブスプリングと組み付けします。

カムシャフトはFカムを入れますが、ラッシュアジャスターは使用せずにソリッドリフター・キャップシムでバルブクリアランスを調整します。 その後、スライドカムプーリーを使ってバルブタイミングを調整しエンジンはほぼ完成!!

オイルやほこりでベタベタなサスペンションメンバーをスチーム洗浄し、シャシブラで塗装。  

補機類を組み付け、サスペンションメンバーに載せた後、フライホイール・クラッチと取り付けミッションをはめ込みます。 これで、載せる準備が出来ました。

後は、車両に出来上がったエンジンを搭載します。 すべての作業が終了し、シャーシダイナモでパワーチェック!! この暑さと湿気の中、150.8ps 17.6Kgm とまずまずではないでしょか。 (兵庫県尼崎市在住のお客様)
Pagetop