1. TOP>
  2. お知らせ一覧>
  3. ブレーキペダルが奥に入る(岐阜)
2016.06.21 | 整備の報告

ブレーキペダルが奥に入る(岐阜)

ロードスター車検で入庫され気になる所を聞くと、ブレーキペダルが奥まで入りブレーキの効きが非常に悪い。 クラッチペダルにも違和感があると、リフトアップし点検していと、ブレーキの油漏れを発見!! オーナーさんに確認してもらい、フロントキャリパーのオーバーホールとブレーキマスターポンプを交換する事に。 クラッチも同様、クラッチマスターポンプ交換とクラッチレリーズシリンダーのオーバーホールをする事となりました. まずはブレーキから

フロントキャリパーを脱着し分解してみると、キャリパーピストンの錆つき虫食いがありキャリパーピストン交換。 フロントブレーキパットの残量も少なかったためパット交換。 お客様の持ち込みでソリットローターも交換。

続いてブレーキマスターポンプの交換に入りました。 マスターにはブレーキオイルの漏れも見られブレーキペダルが奥に入る原因はこれかな?とASSY交換をしました。

クラッチマスターポンプもASSYで交換しクラッチ&ブレーキのエアー抜きをおこない作業終了。 翌日、車検に行き予備検でブレーキテスターをあてると左右とも効きが同じで完璧でした。 (岐阜県各務原在住のお客様)
Pagetop