1. TOP>
  2. チューニング及び整備箇所>
  3. 商品メニュー>
  4. エンジンカーボンクリーン(エンジン内部 燃料系洗浄システム)

ピストン・シリンダー、インジェクション・バルブなどのエンジン内部は、爆発時のガソリンの燃えたカスでどんどん汚れていきます。なぜ、エンジンの調子が悪くなるかと言うと、エンジンを止め冷却系統が停止するとエンジンは高温になります。その際、ガソリンで濡れた金属表面から揮発分が蒸発し、残留分が薄く焼き付いてしまいます。この積み重ねが、インジェクターやキャブレータの噴霧状態を悪くさせ、アクセルを踏んでも十分なガソリンを送れなくします。また、インテークバルブの密閉度が悪くなることによりコンプレッションを下げ、パワー不足を感じ、よりアクセルを踏みこむことにより、燃費が悪くなります。蘇る新車のパワーを取り戻してみませんか?

TEL.0585-22-1667

受 付:月~土曜日(祝日休業)

Pagetop