ロードスターのようなオープン構造の車両にこそ、この「リジカラ装着」をオススメしたい。リジカラの役割は、車メーカーが、車両を組み立てる時に安易に作業を進める為に作った「ボディーとサブフレームに存在する締結部のすきま」を埋めるものです。この「すきま」により生じる数々の走りに対するネガを、解消してくれるのが「リジカラ」なのです。ボディーとサブフレームのセンターを出すことにより、クルマ本来のスタビリティーの向上と直進性のアップを期待できます。そして、クルマ本来がもつ剛性を得ることにより、上質でシュアな走行感と、高い操縦安定性が得られるのです。

「溶接したかのような感覚」という言葉で、ネガティブな印象をもつ必要はありません。そもそも、サブフレーム(メンバー)とボディーとを溶接するのは、「クルマのガタをなくす」ことから始まっています。主にレース車両など、微妙なハンドリング操作を要する世界で用いられていた手法で、街乗りのクルマには、無縁のボディー強化だと思われていました。しかし、簡単・安価にその効果を体感できる「リジカラ」の登場により、一般車両に、その技術が降りてきました。そして、街乗りでも、この部分のボディー強化が、「乗り心地の良さ」を生むことを誰もが体感できるようになりました。「ボディーのスポット増し溶接までは・・・」と思っていた方なら、この商品の価値を感じていただけると思います。

TEL.0585-22-1667

受 付:月~土曜日(祝日休業)

Pagetop