NA6,NA8,NB6,NB8、これら愛車の走行距離が10万キロどころから、今や20万キロ以上の場合も珍しくありません。
その多くのユーザーもいつか、近いうちにエンジンのオーバーホールを考えている状況です。
心臓部とも言えるピストンは何にするか?は予算におおじて決めるパーツですが、どうせだったら軽くて耐久性の高いピストンを組み込みたくはありませんか?

そこで、世界最高峰レースのF1をはじめ、高級輸入車や、今や国産高性能エンジンにも採用されるMAHLE(マーレ社)製の鍛造ピストンを使った“基本OH”を実現。
材質は主に極めて熱膨張の低い材質4032材(シリコン系を多く含む)が使われ、ピストンクリアランスを従来の鍛造ピストンより小さく取ることができ、静かで確実なエンジンを組み積み上げるには最適な材質です。
ピストンスカート部にはグラファルコーティングが施され、摺動抵抗を大きく低減させる役目があります。
ピストンピンやラウンド型サークリップも性能を重視され、リングも抵抗を抑えたものになっていて、構成部品は全てマーレー社製です。
基本OH用
NA6、NB6の標準ピストン外径78.0mmに対し、78.50mで設定
NA8、NB8の標準ピストン外径83.0mmに対し、83.50mで設定

圧縮比
B6用/NA6・NB6用 : CR 10.0:1(79mmx1.0mm MARUHA製ガスケット使用)
BP用/NA8・NB8用 : CR 10.6mm(84mmx0.8mm 純正ガスケット使用)

“MAHLE”による特注ピストンを基本的なOHエンジンに組み込んでみませんか?

TEL.0585-22-1667

受 付:月~土曜日(祝日休業)

Pagetop