2019.08.01 | 整備の報告

ロードスター車検・ブレーキオーバーホール(愛知)

ロードスター車検でブレーキ・キャリパーオーバーホールを依頼されました。
その他に、エレメント移動式オイルリモート、Defi3連メーターの取り付けも頼まれました。
まずブレーキからの作業に入ります。
キャリパーを脱着し分解します。フロント・リヤともピストンはOKでしたので清掃しておきます。

キャリパー・キャリパーサポートをウエットブラストで綺麗にお掃除します。
その後、キャリパーキットを使ってキャリパーを組み上げます。

オーバーホールが終わったキャリパーを車両へと取り付けます。
ブレーキパットの残量がまだあったため、パット・ローターはそのままですがキャリパーが綺麗になった分、少々錆が目立ちますね~。

続いてオイルリモート&メーター取りつけに入ります。

オイルブロックに油温・油圧センサーを取り付けしシリンダーブロックから写真の様にエレメントを移動します。
これでオイルエレメントを交換するたびにサスペンションメンバーがオイルまみれにならなくてすみます。

水温センサーは水温センサーアタブターを使って写真の様に取り付けします。
これでアッパーホースをカットしなくて良いため水漏れもおこりません。

最後にエンジンルーム内から室内に配線を引き込み、Defi3連メーターを取りつけして作業終了です。
(愛知県北設楽郡在住のお客様)

Pagetop